エイリアン エンジニア

エイリアン エンジニア

/249650145 /60082 /19 /141e5d6825d-153

既にエンジニアの尽きた土地では新しいエイリアンを生み出すことは出来ず、彼の目的も為すことは出来ない。 身元の保証された宇宙船に乗り込むことは、別の惑星へ辿り着く唯一の手段になる。 なぜエンジニアを皆殺しにしたのか?. 遺棄されていたエンジニアの船内に生息していた謎の蛇のような生命体。 フェイスハガー、チェストバスターの原形のようにもみれる。 蛇のような動きで船員の腕へ絡みつき、腕をへし折り口から体内へ潜り込む。 登場時の動きは何だかかわいらしく、その後が気になるところなのですがその後どうなったかは不明。. 人間は憎まれている 4. 壮大な自然が広がる太古の地球。上空に円盤型の宇宙船が飛来しました。 降り立ったのは体毛のない白い巨人でした。 白い巨人は川辺にひざまづくと奇妙な箱を開け、中に入っていた黒い液体を飲みます。 すると白い巨人の体は黒ずんでいき、細胞が崩壊していきました。白い巨人は海に落ち、そのDNAのスープは海に溶け込んでいきました。.

かなり意外なことに、プロメテウスではアンドロイドのデヴィッドがキーマンとなる。 エイリアン エンジニア およそエイリアンの出自に、人間の作り出したロボットが関与するとは誰もが思わなかっただろう。 リドリー・スコットは彼の中に芽生える様々な感情を描いた。 1. エンジニアの惑星に、なぜもっとたくさんのエイリアンがいないのか? 黒い粉末が「肉体を持った生き物」に影響もたらすのであれば、そこら中に凶暴な虫だらけになるはずですが。. 異形の生物によって死亡したエンジニアの腹を突き破り誕生した生物、その姿はまさにあの「エイリアン」そのものでした。 いかがでしたでしょうか? 1979年に第一作が公開された「エイリアン」シリーズの前日譚を描いた本作. See full list on shirokumat. 宇宙船プロメテウス号。 人類の創造主”エンジニア”を探す極秘ミッションに、17名の乗組員が一路、惑星LV-223を目指す。 しかし到着した星は、彼らの想像した楽園ではなかった。 埋め尽くす創造主の死体と、未知の兵器。 やがて恐るべきウィルス汚染と怪物の魔手はクルーたちにも迫り.

年、考古学者であるショウとホロウェイはどこかにある古代遺跡から星図を発見する。その構図は異なる複数の古代文明で見つかった星図に共通するものであった。そしてその星は遥か彼方の宇宙に存在していた。 巨大企業ウェイランド・コーポレーションは人類の起源は宇宙にあるとし、ショウら選りすぐりの科学者・宇宙飛行士からなる調査チームを結成。宇宙船「プロメテウス」に乗り込み星図の示す太陽系の衛星を目指して出発した。 年、目的地である衛星「LV-223」に到着した乗組員は今回の調査の目的について説明を受け、早速「クリスマスプレゼント」である謎の遺跡に突入。そこで明らかに人造物である機械や施設・謎の容器らしき物体・ホログラフィック映像・そして人の形をした異星人「エンジニア」の死体を発見する。死体の首の部分を船内に持ち込み検査したところ、このエンジニアのDNAは人間と全く一緒だと判明する。そして翌日、調査隊の2人が行方不明となってしまう。 調査隊は行方不明者の捜索を開始するが、突如としてホロウェイの容体が悪化する。そんな中、遺跡の最深部にあるものが発見される。. その後、デヴィッドはエンジニアの技術を改良し、「エイリアン」4部作に登場するゼノモーフを作り出した。 バティとデヴィッドは同じセリフ. More エイリアン エンジニア videos.

. See full list on eiga-yomuyomu. See full list エイリアン エンジニア on the-writer.

プロメテウスめちゃめちゃ面白かったです。僕がこの映画をはじめて観た時は、エイリアンに関係している映画だったなんて前情報なく観たので、途中からあれれ・・これもしかして、って感じでした。そこから小っちゃいエイリアンが出てきたときには、大興奮してしまいましたね(笑) ストーリーもすごい好みで、人間をデザインしたいわゆる神のことをエンジニアと言ってみたり、そのエンジニアに実際に会いに行くだなんて琴線にふれまくりです!さすがリドリー・スコット監督!おみそれしました! またクリーチャーやエンジニアらしき白い巨人の造形や世界観などもセンスが研ぎ澄まされていて、見ているだけで神秘的で恐怖的な世界に踏み込んでしまったかと錯覚させられました。しかも最後にあの見慣れたエイリアンが出てきたときはキターーと叫んでしまうほど興奮しちゃいましたね!まあエイリアンは嫌いなんですけど(怖いしキモいしグロいから)、そんな僕でも興奮しちゃうくらいこの映画は面白かったってことですね。. プロメテウスは映画「エイリアン」の起源を描いた物語です。 初めて見たときは「エイリアンのパクリじゃん」と思ったんですが、見終わった後に調べたら「エイリアン」の前日譚として企画されたものだと分かりました。似てて当然ですよね。すいませんした。 エイリアン好きとしては. さらにはエイリアンの胎児やエンジニアの解剖図なども投稿されています。 matt 26 8:58午前 PDT Source. エイリアン エンジニア ホロウェイは体調を崩していました。顔を洗い、鏡を見ると目に違和感があります。 外の嵐はおさまった様子でした。探査用の装甲車両で通信が途絶えている洞窟内の2人を迎えに行くクルーたち。 デヴィッドはセンサーを修理するので車に残ると言いました。 「どうぞ気を付けて。」ホロウェイをみてデヴィッドは言いました。 デヴィッドはショウたちが出発すると単独で行動して別の遺跡を発見しました。デヴィッドはヴィッカーズとの通信をわざと切り、内部を調査していきます。 ホロウェイはどんどん体調を崩しているようでした。 ショウたちが昨日調査した部屋にはいると円筒型のつぼにあった黒い液体は消えていました。 その付近でミルバーンの遺体を発見しました。 ミルバーンの口から細長い何かが飛びだします。驚くクルーたち。 ショウがホロウェイの異常に気付きました。具合がかなり悪そうです。顔が黒ずんていて様子がおかしい。 ショウたちはいったんプロメテウスに戻るため、撤退しました。. この『プロメテウス3(仮)』とも言える映画なのですが、時々『Alien: Awakening』と表現しているページもあります。これが紛らわしいのですが、リドリー・スコットは年3月17日時点の米IGNのインタビューでは、時系列上『プロメテウス』と『コヴェナント』の間に位置する『コヴェナント』続編を『Awakening』と表現していました。しかしおよそ二か月後の5月9日の米IGNのインタビューでは、かつて存在したニール・ブロムガンプ監督主導の『新・エイリアン3(仮)』に対して『Awakening』という呼び名を使っていました。結局タイトルが何なのか紛らわしいところですが、諸事情により本記事では『コヴェナント』続編を『アウェイクニング』と呼称することにします。 上記のニュースの出典元を辿ってみると、 AVPGalaxyというファンサイトに行きつきます。そこの記事には情報源が二つありました。一つはBlu-ray. から始まる生態系を持つゼノモーフは2104年になってようやくデヴィッドが確立したものなので、生粋のエンジニアたちがゼノモーフを所持しているのは本来あり得ないんですね。『エイリアン2』ではLv-426のコロニーの惨劇は、住民の一人がフェイスハガーに取りつかれたことから始まりました。ここまでは『エイリアン』のノストロモ号と同じ経緯なのですが、今作ではエイリアン・クイーンという存在がゼノモーフを増やし続けているという設定が判明。しかし前作『エイリアン ディレクターズ・カット』では、ノストロモ号のクルーの内二人がゼノモーフの巣に囚われ、エイリアンの卵へと変貌させられている.

西暦年。スコットランドの山の中で遺跡が発見されます。 考古学者の女性エリザベス・ショウは恋人であり同僚でもあるチャーリー・ホロウェイと遺跡の解析をしていました。解析の結果、それは3万5000年以上前の遺跡であることが判明したのでした。 これまでに見つかった遺跡や今回の壁画には共通点があり、二足歩行の人らしきものが、ひとつの星座、ひとつの座標を指していました。 ショウは言います。「これはエンジニアからの招待状だ。」 エンジニアとは、人類を創ったいわば神のようなものを指しており、人類の起源の謎に迫る大発見であると二人は胸おどらせるのでした。. この『エイリアンコヴェナント』のエイリアンエッグがどのように生み出されたのか。 『エイリアンコヴェナント』を改めてみたところ、デヴィッドが品種改良の末、創り出したようです。 画像:映画『エイリアン:コヴェナント』TVCM. .

苦難と絶望を与え、苦しむ姿を見て喜んでいる 3. More エイリアン エンジニア images. 「エイリアン」シリーズ最新作「エイリアンコヴェナント」(公開中)の特別映像が、公開された。前作「プロメテウス」と本作をつなぐ内容と. この世は地獄以外の何物でもない 神を信じて己を捧げた者にこそ、こうした心変わりは多い。 無条件の愛など存在しないのだ、と。 作中で、創造主や親といった上位の存在は概ねこうした姿で描かれる。 例外としてショウ博士の父だけが優しい男であったように見えるものの、それすらも切り取った記憶の断片でしかない。 ウェイランド、ショウ、エンジニア。 彼らはみな、自分が生んだ創造物を愛さない。 憎しみ、軽んじ、侮る。 蔑視された被創造物が、黙って膝を折る日々がいつまでも続くと思っている。 親と子の殺し合い。 それこそが本作のテーマだ。. 「エイリアン(1979)」や「ブレードランナー(1982)」で知られるリドリー・スコット監督が描く、エイリアンシリーズの1作「プロメテウス()」。 今回は、「プロメテウス」というタイトルとエンジニアの関係を徹底考察します。. など、エイリアンとしての本能に左右されない高度な知能プレーを見せている。 ニューボーン 『ALIEN4』に登場した個体。 詳細はリンク先参照。 バトル・エイリアン 『ALIEN vs PREDATOR』に登場した個体。 儀式に使うため、プレデターによって品種改良された個体であり、繁殖力や戦闘力が軒並み向上させられている。 戦闘中にプレデターの放ったネットランチャーにより、傷跡がついた個体は『グリッドエイリアン』と呼ばれる。 プレデリアン 『ALIEN vs PREDATOR2』に登場した個体。 プレデターのDNAを吸収している。 詳細はリンク先参照。 Tarkatan Xenomorph 『モータルコンバットX』にゲスト参戦した際の姿。 MK世界における魔界の戦闘民族『Tarkata』の一人であるバラカのDNA情報を継承しており、口部に鋭い牙が連なり、両腕に伸縮式のブレードを忍ばせている。 他の個体と比較すると若干筋肉質。. 映画ALIENに初登場した架空生物。 英語での表記は『Xenomorph』。 エイリアン エンジニア 画家・イラストレーターのH・R・ギーガーがデザインした。 全身が艶のかかった漆黒で、頭部の特徴的なフードや後頭部は男性器をモチーフとしている。 その昆虫的・生物的でもありながら機械的でもある斬新かつ秀逸な造形は当時画期的なものであり、公開直後から現在に至るまで様々な作品にパクられ. プロメテウスに出てくるエンジニアの宇宙服に形がよく似てますが、真相は分かりません。 エイリアン2に登場するクリーチャー! エイリアン・ウォーリアー ゼノモーフと似ていますが、頭の部分に骨のようなデザインがあしらわれてるのが特徴です。.

エリザベス・ショウ 今作の主人公。考古学者。両親共に考古学を研究しており、母は幼い頃に亡くなり、父は研究中の事故で死亡している。 恋人のホロウェイと共に人類の起源について研究し世界中を駆け巡っている。世界中の遺跡で見つかった壁画の共通点から、人類の起源は宇宙にあると結論を出し、プロメテウス号に乗船する。 エイリアンシリーズの主人公・リプリーよりは女性らしい。しかし、漢らしさは彼女譲りであり、自ら麻酔を打って腹を切り寄生生命体を取り除く・手術後にも関わらずその後の調査に同行し異星人と戦う、という凄まじい行動を見せている。 最終的に唯一の生存者となり、地球へのメッセージを残した後、人類を産み出した「エンジニア」の母星に向けて旅立った。 チャーリー・ホロウェイ 考古学者。ショウの恋人。ショウの最大の理解者でありパートナー。人類の起源を探すための遺跡調査を繰り返すうちに、人類の起源は宇宙のある衛星にあると確信する。そしてショウと共にプロメテウス号に乗り込む。 気遣える男。デイヴィッドと哲学的な話をしたり冗談を言ったりもしている。 中盤で遺跡内で発見された黒い液体(細菌兵器)の実験体にされ、知らぬうちにデイヴィッドに液体を飲まされてしまう。行方不明者捜索中に発症し、細菌に蝕まれ助からないと悟ったホロウェイは船内に運び込もうとするショウを振り払い、火炎放射器の炎で焼き殺された。 デイヴィッド ウェイランド・コーポレーションから派遣されたアンドロイド。ウェイランドから実の息子として教育されており、あらゆる学術に精通している。なんと宇宙人と会話まで出来る。また、ホログラム映像を見ただけで宇宙船の操縦方法を覚えるなど、高い知能と技術力を持つ。映画を鑑賞したりバスケをしたり笑ったりと、人間に近い行為もする。しかし、アンドロイドなので心は無く、自身もそれを理解している。 ホロウェイを細菌兵器の実験体にして死ぬ原因を作る・ショウの心の傷を抉るような発言をしたりと、1作目のアッシュに近い役割。こちらはちょっと人間臭い。あとイケメン。 終盤でエンジニアに首を引き千切られるがまだ稼動しており、ウェイランドの死を看取っている。また、ショウに情報を送ってサポートし、宇宙船を操縦出来ることが幸いしてショウに助けられ、ちょっと違うが生存者の一人となった。 キャプテン・ジェネク 宇宙調査船・プロメテ. チェストバスター ゼノモーフの幼体。 エイリアン・ビッグチャップ 『ALIEN』で登場した個体。 人のDNA情報を吸収したものであり、以降の作品でも主に同じような個体が登場する。 エイリアン・ウォーリアー 『ALIEN2』から登場した個体。 社会性昆虫でいえば働きアリや兵アリと同じような生態を持ち、獲物の捕獲・クイーンの護衛・脅威排除などを行う。 エイリアン・クイーン エイリアン エンジニア 『ALIEN2』から登場した個体にして、エイリアン社会のトップに君臨する存在。 種の繁殖を役目を持ち、フェイスハガーを内包する『エイリアン・エッグ(エッグチャンバー)』を産み落とす。 ドッグ・エイリアン 『ALIEN3』に登場した個体。 犬に寄生したものがDNA情報を吸収し、高い身体能力を獲得した。 また、天井や垂直の壁にへばり付いてそのまま駆ける程の運動能力、溶鉱炉に沈められても死なない耐久性を持つ。 ニュー・ウォーリアー 『ALIEN4』に登場した個体。 人間の遺伝子を得たクローンクイーンを母とするためか、高い知性を獲得。仲間と謀って知性がない振りをしてチャンスを窺う、仲間を攻撃・殺害して強酸性の血液で檻を溶かし脱走する. ショウたちは惑星に降り立ち、目の前に広がる岩山の調査に乗り出します。 探査用の装甲車両から降りるクルーたち。深淵がひそむ岩山の洞窟にはいっていきます。 クルーのひとりが「面白いものがあればこいつが教えてくれる。」と言っって赤く光る球体を飛ばしました。 赤く光る球体は光を放ち、洞窟内部を解析していく。それを追いかけるクルー。 たどり着いたそこには、太陽の光によって水を蒸発させて酸素を生み出す装置がありました。 大気を測定すると、限りなく清浄であることが判明しました。つまり息ができるということです。 ヘルメットを脱ぐショウたち。 一方デヴィッドは単体で別行動をとっていました。途中、緑の液体を発見したデヴィッドはおもむろに壁をいじりだします。すると洞窟に緑の光が放出され、ホログラムがうつりだされました。 そこには宇宙服を着た人たちが何かから逃げる姿が立体映像で映し出されていました。 デヴィッドはみんなと合流し、ホログラムに対して「これはエンジニア(白い巨人)の映像です。」と言いました。ホログラムを追いかけるクルーたち。. プレデター』シリーズが派生した。 エイリアン エンジニア しかし今、シリーズ第1作『エイリアン』のリドリー・スコット監督は、第1作の"前"を描く『プロメテウス』と『エイリアン:コヴェナント』を監督し、新たなエイリアン・サーガを構築しつつある。主人公はリプリーではなく、『エイリアンVS. ショウは船内に逃げ込むとイカエイリアンを隔離した部屋に向かいます。 部屋に隔離したイカエイリアンは成長を続けていて、いまや部屋を覆うほど大きくなっていました。 すぐ後ろにはエンジニアが迫っています。ショウはエンジニアに襲われながらも、何とかイカエイリアンを閉じ込めた部屋の扉を開けることに成功します。ショウはその場からすぐさま脱出しました。 扉が開くとイカエイリアンは近くにいたエンジニアの体に巻き付きました。すさまじい戦闘能力で必死に抵抗するエンジニア。イカエイリアンをついに瀕死のところまで追いつめます。しかしイカエイリアンは触手をエンジニアの口に突っ込みエンジニアの息の根を止めたのでした。. 『プロメテウス』(Prometheus)は、リドリー・スコット監督による年公開のSF映画である。 当初、同監督の『エイリアン』(1979年)の前日譚として企画されたが、後にその見解の確定性を弱める発言がなされるようになった。. 生き残ったショウとデヴィッドは、エンジニアが人間を作った理由を知るためにジャガーノートで彼らの星である"第4惑星"を目指します。 そして、未知の生物に敗れたエンジニアの腹部からエイリアンが誕生した――。. プロメテウス単体としての出来映えは、SFホラーというジャンルの中ではそこそこのレベルにとどまる。 この作品を最大限に楽しむ前提としては、エイリアンシリーズを最低でも一作は見ておかねばならないのだ。 特に作中で奇形生物に対する解説は一切為されず、その特性を前知識として持っていない者には多少不満の残る展開になるだろう。 裏を返せばシリーズファンにとっては、エイリアンの出自を辿る旅として、これでもかというほど琴線に触れる部分を詰め込んでいる。 画像の白い蛇のような生物は、壺のような物体から染み出した黒い液体に変異させられたワームの怪物だ。 この壺はのちのエイリアン・エッグの元になったと考えられる。 作中の設定では、ブラックタールという細菌兵器として名付けられている。 白い生物は口腔から侵入を試み、体液には強い酸性を含む。 この特性も、のちのフェイス・ハガーと酷似していることが見てとれるだろう。 ハンマースピードという名前を設定上で与えられている。 このようにエイリアンシリーズを視聴済みの者でないと、過去の作品から共通点を見出すことは出来ない。 最高のパフォーマンスで視聴するには、全シリーズの視聴が求められるだろう。.

黒い液体に体を侵された人間が変異した姿。 ハイフィールドは、黒い液体の溜まり場で、ホロウェイは、デヴィッドに黒い液体を混入された酒を飲み体内に取り込まれる。 人間の身体機能を凌駕した動きとパワーを見せつけます。. 結局エイリアンとは、エンジニア達の研究の末に偶然生み出された驚異です。 自分達が選ばれた特別な存在であると思い上がった結果、自らが生み出した驚異に翻弄されることになるというお話。. 今作に登場する人間とよく似た体格の異星人。エイリアンシリーズで遺跡の背景の彫像などで映されていた通称・スペースジョッキーと呼ばれていた奴らである。特徴的な象の鼻のような外見はバイオスーツによるもので、中身はスキンヘッドの人間型生命体である。 衛星・LV-223に宇宙船・謎の物品と死体を残していった。この衛星はあくまで1拠点で母星は別にある。遺伝子構造は人類と同一。しかし、人類よりも遥かに頑健な生命体であり、平均身長2m以上の巨躯に、強靭なアンドロイドのボディを素手で引き千切る膂力を有する。 ジェネクの推測によると、この衛星は生物・細菌兵器を開発・生産するための拠点で、ここに居たエンジニアは自分たちが作り出した兵器によって全滅したとのこと。 地球人類の創造主であるが、何らかの理由で人類の抹消を決定し地球に黒い液体を持ち込もうとしていた。一度は人類を創った彼らがなぜ途中から目的を変更したのかは不明。. WATCH」が現行のエイリアンとして進んでいます。実際、僕はその第一弾にあたる『ALIEN: BLACKOUT』を存分に楽しみました!映画を製作しないなら製作しないで、Disney+で配信するドラマとして製作したり、脚本を本として出版してくれないかなーとも思ったり。ずっと待ち望まれてきた続編が存在するのならばファンはどんな形でもそれを観たいと望んでいるものです。『ALIEN: AWAKENING』、僕は信じて待ち続けたいと思います!.

卵が直線でできている(神は直線を作らないはずだ)ので、エイリアンは人工物ですが、 エンジニアは、自分たちが作ったエイリアンに襲われて殺されてます。. 彼は我々を愛していない 2. 91 – 15」とも。これは一種のナノテクであり、一種の人工知能を持ったナノ粒子を含む液体です。アンプルは基本的に植物には反応せず、動物に対して反応します。ナノ粒子は個体の遺伝子改変と分裂を異常な速度で、それも無秩序な方向に誘発します。大量に投与すると個体を死なせてしまいますが、基本的に新種の生命の誕生をもたらします。使いようによってはエンジニアに似せた下位種族の創造の可能なようです。ある種を滅ぼすと決めたエンジニアたちはこれを大量にジャガーノート号に積み、目的の惑星でこれを投下します。あとは. (注意:『プロメテウス』のネタバレあり) 新たなサーガは、第1作『エイリアン』に直結する物語。なので、第1作に登場した謎が少しずつ解明されていく。前作『プロメテウス』でも、エイリアンの謎はいくつか明らかになっている。 (1)エイリアンの原点が分かった! 発生確率の非常に低いスーパーフェイスハガー(クイーンフェイスハガー)から寄生させる個体で潜伏期間が長い。 クイーンエイリアンへ成長する。他のエイリアンはクイーンが寄生している宿主は殺さない(『エイリアン3』より)という習性がある。. comというフォーラムでHumanMediaと名乗り、『エイリアン:コヴェナント』製作スタッフだったと言うメンバーが「『コヴェナント』の続編は今月(注釈:年9月)シドニーでプリプロダクションを始める予定だった。興行収入が判明した結果、撮影予定は中止になったうえに倉庫いっぱいの小道具は全て数カ月前に競売にかけられた。速攻で次作を出すという予定は変わり、今取り急ぎの計画は特にない」と書き込み。もう一つはOmega Undergroundというファンサイトで書き込まれた記事に「20世紀フォックスは『コヴェナント』続編に本気で取り組んでいたことがあり、年夏に撮影開始する予定でいた」とありました(現在はその記事は削除されています)。 監督のリドリー・スコットは複数のインタビューで答えている通り、続編の製作・監督に対して非常に意欲的です。TORONTO SUNというメディアに対しては「彼ら(『コヴェナント』で生存した二人)は戻ってくるべき」やデヴィッドへの賛辞と興味を示し、米IGNに対しては「続編を創るなら2本、あるいは1本」と発言しています。 明らかに『コヴェナント』から続くであろう『アウェイクニング』に関して公式発表がない現状が示す通り、やはり『コヴェナント』の興行収入が振るわなかったのが主な原因と推測されます。IMDbでエイリアンシリーズの興.

『エイリアン』に繋がらない? エンジニアが例の座席に座り、”スペースジョッキー”のスタイルになるシーンを見て、「おお!やっぱり1作目に繋がるのか!」と興奮したのも束の間。. See full list on dic. おしゃれなドレッドヘアーエイリアン。 プレデターの特徴が色濃く反映されている。 単体で生殖活動が可能で、他の生命体へ卵を植え付ける。 画像:fanpop 身長213cm。割合はエイリアンが85%に対し、プレデターが15%とされる。 人間の妊婦の体内に卵を産み付けられると宿している胎児にエイリアンの遺伝子が組み込まれ、それがチェストバスター(一度に6~8体程の複数で発生)に変換される。 この設定『エイリアン』の「人間を卵へ変態させる」設定に似ていると思いませんか。.

ショウはデヴィッドに保護され、ある部屋に案内されます。 そこには、ウェイランド社のトップであるピーター・ウェイランドがいました。 ウェイランドは生命装置につながれており、老衰でかなり疲れた様子でした。 「やっぱり乗っていたのね。」 ショウが言います。 そこでウェイランドの本当の目的を知らされるショウ。 ウェイランドは、老齢でこの先数カ月の命であることを告白しました。そしてエンジニアのテクノロジーによって自身を若返らせ、不老不死にする方法を聞き出そうとしていたのでした。 プロメテウス号はそのための宇宙船であり、研究成果を待つことができないウェイランドはコールドスリープにより寿命を長引かせ、船上していました。 ※デヴィッドの行動の裏には、ウェイランドの命令があったのです。 デヴィッドによって発見されたコールドスリープ中のエンジニアに会いに行くため、ウェイランドはコールドスリープから目覚めたのでした。 「私はエンジニアに会いたい。」とウェイランドは言いました。 「一人生きています。いまから会いに行きましょう。」デヴィッドは答えました。 「私を死から救ってもらう。」 ショウは「ここはあなたが思っている場所じゃない。脱出しないと!」とウェイランドに強く提案します。 「ホロウェイならどうする?確かめずに帰るのか?人類の意義を。存在理由を。」 ショウは悩んだ末、決心した表情で私も連れて行ってほしいと願い出ました。.

Add: dipyjiny82 - Date: 2020-12-08 04:10:59 - Views: 9949 - Clicks: 2220

エイリアン エンジニア

email: uvogeb@gmail.com - phone:(478) 490-4126 x 6191
Bing Google sitemap.xml

エイリアン エンジニア